スポーツ

奈良クラブ試合サマリー J3第36節

関連ワード:

逆転ゴールを決めサポ―ターの元へ駆け寄る西田=ロートフィールド奈良 撮影・河村 浩

▽J3第36節(ロートフィールド奈良)

 

奈良クラブ 2―1 SC相模原

   (54)       (39)

 

▽得点者 【奈】酒井達磨、西田恵【相】水口湧斗

 

▽順位 4位 

 

▽観衆 1842人 

 

 【戦評】

 

 奈良は前半14分にフリーキックから失点。しかし、後半23分に酒井が同点ゴールを奪い、アディショナルタイムに西田が逆転ゴールを決めた。酒井は今季9ゴール目、西田は3ゴール目。

 

 【記者の目】

 

 奈良は前半、セカンドボールの奪い合いで劣勢に回り、押し込まれる展開が続いた。後半は全員が相手選手を囲い込んでセカンドボールを奪取して劣勢を挽回。なかでも後半から出場した掘内はボールを奪って前へ運び局面を打開した。さらに同じく後半からピッチに入った西田は右サイドからスピードと運動量で前線をかき回した。これで最終ラインが押し上げられ試合の流れを取り戻した。

 

 同点ゴールは左サイドから右の空いたスペースへ奈良の選手が次々と走り込んでボールをつなぎ、最後はゴール前でフリーだった酒井が決めた。決勝点は生駒の勇気がゴールに結びついた。アルナウのロングキックが中盤でルーズボールとなり、迷わず走りこんだ生駒がボールを奪って左サイドへ流れていた西田にパス。これが逆転ゴールに結びついた。

 

 生駒は守りだけでなく攻撃でも力を発揮。5試合連続で先発出場し、2試合ぶりのアシストを記録した。酒井は今季9ゴール目。目標の2桁ゴールに迫った。ポジショニングがよく、何度も決定機をつかんだ。西田はここ3試合、途中出場だが、試合の流れを変える動きが光っている。

 

 リーグ終盤となり、チームの成熟度が上がってきた。状況判断がよくなり、悪い流れを断ち切り、修正が利くチームになってきている。(河村)

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド