沿革

昭和21年10月 「大和タイムス」(現・奈良新聞)創刊
初代社長に今西丈司氏
昭和22年11月 「奈良県年鑑」 第1号発行
昭和22年12月 東京支局 、大阪支局の設置
昭和26年12月 資本金1000万円で株式会社に改組
自社印刷を開始
昭和27年11月 本社の工場および本館を全焼 。天理時報社、朝日新聞大阪本社の協力で
1日も休刊せずに発行し、22日後に自社印刷
昭和28年4月 本社新社屋完成
昭和30年1月 田中治郎氏、2代目社長に就任
昭和31年10月 創刊10周年記念行事
昭和32年6月 直木孝次郎、岸俊男、永島福太郎、門脇禎二らにより「新しい大和の歴史」の連載開始。翌年出版し、ベストセラーに
昭和35年8月 紙齢5000号を迎える
昭和36年8月 「奈良県紳士録」刊行
昭和39年11月 広芝義賢氏、3代目社長に就任
昭和40年9月 原田兵次郎副社長により「社是」制定
昭和40年11月 奈良ホテルで、創刊20周年式典
広芝社長夫妻が、天皇陛下主催の秋の園遊会に招かれる
昭和42年8月 奈良と東京で、初の定期採用試験を実施(全国から86人が応募し、大卒8人・高卒7人を採用。翌年3月、第1期生として入社)
昭和44年2月 新工場完成と高速輪転機の導入
昭和46年3月 2代社長、田中治郎氏死去(享年72歳)
昭和47年1月 政経懇話会発足。第1回講師は福島慎太郎共同通信社長
昭和47年2月 奈良ホテルで、創刊25周年式典
昭和47年4月 大和タイムス社社友会発足
昭和48年6月 広芝社長夫妻が、天皇陛下主催の春の園遊会に招かれる
昭和48年8月 共同通信社と正式契約、受信を開始
昭和48年11月 石油パニックにより用紙事情が逼迫し、8ページ建てを4ページに
昭和49年6月 紙齢10000号を迎える
昭和49年11月 京都新聞社、神戸新聞社の推薦で共同通信社に正式加盟
昭和49年12月 高速度輪転機を増設、16ページの一連印刷が可能となる
昭和50年4月 社員から歌詞を募集して社歌を選定(作詞・林貞行)
昭和50年5月 鉛活字を廃止、オールCTS化に切り替え
昭和50年6月 題字を「奈良新聞」と改題、社名も奈良新聞社に
昭和50年10月 会長に広芝義賢氏、4代目社長に城家幸信氏
昭和50年11月 生活情報誌「ならリビング」創刊
昭和51年4月 奈良新聞印刷株式会社設立
昭和51年5月 広芝義賢氏、5代目社長に就任
昭和51年10月 創刊30周年記念行事
昭和52年4月 東京支社が日本プレスセンタービル内に移転
昭和52年9月 本社提唱による「地酒を愛する会」が発足
本社主催で県民が選ぶ観光大和新名所20景決まる
昭和53年8月 本社主催の大和名物30選決まる
昭和53年9月 奈良公園飛火野で本社主催の第1回芝能開催
昭和54年1月 ならリビング中和版を発行
昭和55年8月 本紙「雑記帳の集い」発足
昭和56年3月 株式会社奈良新聞企画設立
昭和56年10月 奈良新聞厚生文化事業団が発足
昭和56年12月 本社主催で第1回奈良春日・大仏マラソン実施
昭和57年4月 県立橿原体育館で本社主催の大相撲奈良場所興行
昭和57年11月 航空写真集『日本史の源流』を発行
昭和58年7月 奈良の政治・経済・文化を本音で語り合う会として「現代奈良研究会」が発足
昭和59年4月 論説室を設置
昭和59年8月 「阪奈政経文化懇話会」が発足
昭和59年10月 初代社長、今西丈司氏死去(享年71歳)
昭和60年3月 高円宮憲仁殿下・久子妃殿下を迎え「阪奈現代邦楽研究会・文化委員会」発足
昭和60年6月 奈良新聞電光ニュースの放映開始
昭和60年7月 「奈良新聞記事審議委員会」発足
昭和61年10月 本紙創刊40周年記念祝賀会を奈良ロイヤルホテルで開催
社史「四十年史」を発行
昭和62年5月 本社提唱で結成された「なら・シルクロード博を成功させる会」の推進本部スタート
昭和62年10月 東京で芝能開催
昭和63年4月 カラー・オフセット輪転機を導入
昭和63年5月 紙齢15000号を迎える
昭和63年7月 高円宮さまが「阪奈現代邦楽演奏会」にご出席のためご来県、本社をご見学
平成元年6月 社屋の増改築と立体駐車場の完成
平成元年8月 第1回県民カラオケ歌謡大会
平成2年1月 元旦号が132貢で全国一
平成2年6月 会長に広芝義賢氏、6代目社長に渡辺忠夫氏
平成3年9月 第1回奈良県シルバーカラオケ歌謡大会開催
平成3年10月 創刊45周年記念行事
平成4年3月 機構改革で編集局内に政治経済部、社会部を新設
平成5年3月 代表取締役に渡辺忠夫氏
平成5年6月 取締役社主に西島きんじ氏が就任し、慢性的な赤字体質脱却を目指し、抜本的な改革を断行
平成5年7月 取締役と幹部で改革委員会を発足。毎週1回の会議で、橿原支社の営業拠点化、生駒支社の廃止、東京支社の移転、本紙の地ダネ主義の徹底など、次々とリストラ策を打ち出し経営改善
平成6年4月 西島氏の発案により、県外に本社があり奈良県内で支社・支店を開設している上場企業と地元企業の交流を図ることを目的とした「なら21クラブ」を発足
平成6年6月 3月期決算で3800万円の営業利益を出す。西島氏による一連のリストラ策で、これまでの赤字経営を脱し悲願の黒字決算に。この平成5年度が画期となり、以来、黒字経営に転換
平成6年9月 西島氏の発案で、長年、地域社会で活躍した熟年世代の生きがいづくりと、地域の監視役として、郡市別人口比で1000人の会員による「奈良新聞シニアクラブ」を発足。会員の情報提供で、数々の政治家の不祥事を告発
平成7年3月 固定資産税問題に詳しい西島氏の問題提起によってスタートした連載「怒りの固定資産税」が、浅野詠子記者ら取材班の執筆で、第2回坂田賞(海外研修事業)受賞
平成7年5月 「シニアクラブ」会員から寄せられた政治家などの不祥事情報に対応するため「政治改革特別取材班」がスタート
平成7年6月 取締役会長に西島きんじ氏
3月期決算で過去最高の18億8000万円の売上計上
平成7年8月 固定資産税問題特別取材班が第38回日本ジャーナリスト会議奨励賞受賞
株式会社奈良新聞ツーリスト設立
平成7年12月 西島会長の提唱で、マルチメディア事業部を新設し、奈良県初の総合情報をインターネット・ホームページ「NICE-NARA」で配信開始
平成8年3月 「五十年目の日本」特別取材班が第3回坂田賞(海外研修事業)受賞
平成8年5月 西島会長が阪神大震災500日目(5月30日)に個人として奈良新聞厚生文化事業団を通じ、現金3000万円を日赤兵庫県支部に寄付
平成8年6月 西島会長のもとで経営改革を進め、3月期決算で、創業以来初の20億円突破の売上計上
平成8年10月 創刊50周年を迎え、各種記念事業を展開
平成8年11月 創刊50周年記念祝賀会を奈良ロイヤルホテルに約1000人の来場者を迎えて盛大に開催
第1回奈良新聞文化賞を地域文化発展に貢献のあった3氏に贈呈
平成9年6月 西島会長による経営改革が一段と進められ、3月期決算で、創業以来最高となる22億7000万円の売上計上
平成9年10月 翌年の奈良市制100周年を記念して「大相撲奈良場所」を奈良市中央体育館で開催。相撲ファン5400人が楽しむ
中国・洛陽市の洛陽日報社一行が来社、歓迎宴を開き友好を深める
平成10年1月 大阪支社が大阪・上本町から難波に移転
平成10年2月 毎日新聞が本社厚生文化事業団の震災義援金報道。これを受け本社は同事業団会計が適切に処理されていることと、平成8年5月に西島きんじ会長個人が被災地に3000万円寄付していたことを公表。世間に誤解を与えたとして、西島会長が辞任、渡辺忠夫社長も代表取締役を辞任。代表取締役に甘利治夫氏
日本新聞協会(会長・小池唯夫毎日新聞社長)が本社を除名
平成10年6月 新取締役に元電通幹部の鈴木幹夫氏、社内から林貞行、上田達雄、武智功、高濃正嗣の各氏が就任。渡辺忠夫氏が取締役を退任し、(株)奈良新聞企画の取締役に就任
平成10年7月 東京支社が銀座に移転
平成10年10月 朝日新聞社、京都新聞社、共同通信社の推薦で日本新聞協会に再加盟
平成11年3月 前会長の西島きんじ氏が、柿本善也知事(日赤奈良県支部長)を通じ、現金700万円を兵庫県災害対策本部に寄付。寄付の総額は3700万円となった
JR奈良駅前イベント「異邦人体験なら」開催
平成11年5月 中国洛陽日報社の韓副社長来社
平成11年10月 株式会社奈良新聞コミュニケーションズ設立
平成11年11月 日本新聞協会副会長の一力一夫・河北新報社会長、小坂健介・信濃毎日新聞社社長が来社
甘利代表が天皇即位10年記念京都茶会に招かれる
平成11年12月 制作局・編集局に新紙面制作システム導入
平成12年1月 甘利代表が皇居で行われた歌会始に招かれる
平成12年8月 第1回「絵本ギャラリー in 奈良」が奈良教育大学で開催
平成12年10月 ならリビング創刊25周年を記念して「リビングウェルカムパーティー」を奈良ロイヤルホテルで盛大に開催。記念事業として「五人囃子」も公演
刊行物「大和を歩く」「大和の温泉」が好評、ベストセラーに
平成12年12月 第20回記念 奈良・春日大仏マラソン全国大会で過去最高の4800人が参加
平成13年10月 3代・5代社長、広芝義賢氏死去(享年87歳)
創刊55周年記念祝賀会、奈良ロイヤルホテルで盛大に開催
平成13年11月 赤坂御苑で開かれた秋の園遊会に甘利代表が招かれる
平成14年4月 「県警問題」取材班が第9回坂田賞(海外研修事業賞)を受賞
平成14年7月 紙齢20000号記念式典、奈良ロイヤルホテルで盛大に開催
平成14年10月 東大寺大仏開眼1250年記念慶讃行事に参画
平成15年2月 中国・洛陽訪日団が来社
平成15年4月 本社が郵政公社総裁表彰、甘利治夫代表が皇居で天皇陛下に拝謁
平成15年7月 編集システムのネットワーク化と資料写真のデジタル化
平成15年10月 呼称変更に伴う機構改革で局制を廃止
平成15年11月 総選挙報道でインターネットによるリアルタイム開票速報を実施
平成16年1月 福井新聞社の協力により奈良市内で「拉致被害報道写真展」を開催
平成16年4月 甘利治夫代表が国立大学法人・奈良教育大学の理事に就任
平成16年10月 創立10周年記念のシニアクラブ総会を盛大に開催
平成17年6月 鍵田忠兵衛・奈良市長の不祥事報道で、議会が不信任決議。市長選で鍵田氏落選
「大和タイムス」から「奈良新聞」に改題して30周年
平成17年11月 ならリビング創刊30周年
平成17年12月 制作新システムを導入
第25回記念 奈良・春日大仏マラソン全国大会を開催
平成18年4月 創刊60周年キャンペーン広告(電通・西島知宏氏制作)で、TCC賞新人賞受賞
平成18年5月 新聞の自社印刷を終了、外注印刷に
平成18年6月 創刊60周年を機に題字と社章を変更。揮毫は女流書家の紫舟氏に、社章は電通にデザインを依頼。カラー面を増やし、紙面内容を大幅に刷新
平成18年10月 創刊60周年記念祝賀会、奈良ロイヤルホテルで盛大に開催
平成18年12月 第26回 奈良・春日大仏マラソン全国大会を開催、過去最高の5787人が参加
平成19年4月 創刊60周年の年間キャンペーン広告で、電通・西島知宏氏制作の啓発広告がTCC賞(第3位)獲得、10月に表彰。同じく7月にOCC賞表彰
平成19年6月 新取締役に社内から小久保忠弘、田中篤則の両氏、元電通の西島知宏氏が就任
平成19年11月 社団法人・日本アドバタイザーズ協会主催の第47回消費者のためになった広告コンクールで創刊60周年キャンペーン広告(電通・西島知宏氏制作)が全国第3位の地域広告賞を受賞
平成19年12月 第27回奈良・春日大仏マラソン全国大会に、過去最高の6262人が参加
平成20年3月 奈良市法華寺町の土地2590平方メートル、鉄骨4階と3階建て建物1900平方メートルを、本社新社屋として取得
平成20年4月 西島知宏氏制作の本紙キャンペーン広告が2年連続でTCC賞、OCC賞受賞
平成20年6月 甘利治夫代表が学校法人奈良学園の理事に就任
平成20年7月 機構改革で販売・編集本部、営業本部の本部制を設置
奈良市三条町から同市法華寺町に本社を移転。移転祝賀会を奈良ロイヤルホテルで盛大に開く
平成20年12月 第28回奈良・春日大仏マラソン全国大会に、過去最高の7690人が参加
平成21年5月 旧本社ビルをコイン・パーキング用地として使用するため、解体工事に着手
平成21年8月 旧本社ビルの解体整備終了、コイン・パーキングとして営業開始
平成21年10月 関連会社の奈良新聞企画、奈良新聞コミュニケーションズなどが、新本社に移転入居
平成21年11月 2010年の平城遷都1300年祭事業の掉尾を飾る、県初のフルマラソンとなる第1回奈良マラソンと第30回奈良春日・大仏マラソン全国大会の合同開催が決定。実行委員会会長に荒井正吾知事、副会長に甘利治夫代表取締役らが就任
平成22年7月 奈良日日新聞社と業務統合
平成22年8月 奈良新聞グループ会社全社が本社西館に揃う
平成22年11月 「ツイッター奈良交流会」を立ち上げ、事務局を奈良新聞社に置く。発起人は甘利治夫・奈良新聞社代表取締役、高市早苗・衆院議員、田野瀬良太郎・衆院議員、藤山純一・奈良日日新聞社代表取締役、前川清成・参院議員、吉川政重・衆院議員(50音順)
平成22年12月 平城遷都1300年祭記念事業として、県内初のフルマラソンとなる第1回奈良マラソンが、第30回奈良春日・大仏マラソンと合同で開き、全国から1万7760人のランナーが参加
平成23年3月 ドリームサーカス橿原公演開催(~5月)。50日間で55300人が来場
平成23年5月 12月に開催する「奈良マラソン2011」のフルマラソン(定員1万人)の参加申し込みは3日で定員に達した
平成23年7月 ハッピードリームサーカス奈良公演開催(~9月)。40日間で57800人が来場
平成23年9月 奈良市の山本清前議長が6月議会の議長選で買収工作のスクープ。山本氏が議員辞職
平成23年10月 前田武志国土交通大臣をお迎えし、創刊65周年記念祝賀会を奈良ロイヤルホテルで盛大に行う。野田佳彦首相から直筆の祝詞と色紙が寄せられる
平成23年12月 全国47都道府県から17831人のランナーたちが集い「奈良マラソン2011」を盛大に開催
2回目を迎えた大会は、前回よりも増して好評価を得ることができた。フルマラソンを柱に、県内で行われるマラソン大会に大きな知名度と存在感を与えた
平成24年3月 第9回奈良県“暮らし”と“環境”フェスティバル開催。環境啓発の一環として取り組んだ「e-1グルメグランプリ」で、地元食材を活かしたNPO法人ミルクならネットワークの郷土食「飛鳥鍋」がグランプリに
平成24年5月 ならリビング花のフェスタを開催。奈良県をはじめ、関西各地から花をテーマにした手作り関連の74ブースが出展。女性を中心に、約5000人の来場者で賑わう
平成24年10月 不動産売買・仲介を目的に奈良新聞不動産株式会社設立
平成24年11月 日本の歴史、奈良の歴史をテーマに、複合型イベント「第1回歴史フェスティバル~奈良の謎を解き明かす」を県立橿原公苑において開催
平成24年12月 「奈良マラソン2012」を開催。海外12カ国52人を含め17381人の市民ランナーが集い、初冬の大和路を快走した
平成25年4月 「奈良県暮らしと環境フェスティバル」の第10回記念大会を開催。メインゲストに勝谷誠彦さんを迎え、エネルギーに関する講演や企業などの環境負荷低減への取り組みの紹介など、環境にかかわる各種のイベントを開催
平成25年6月 第2回おもしろ歴史フェスティバル「歴史を愉しむ」を明日香村の飛鳥歴史公園石舞台で開催。考古学者の石野博信さんをはじめ、女優の真野響子さん、浜村純さん、漫才コンビの笑い飯他をゲストに、1万人の歴史ファンが講演会やクイズ大会などを愉しんだ
平成25年10月 リビング布&キルトフェスタ2013を開催。地元産品の靴下市など新しいイベントを盛り込み、手芸関連をはじめとした73のブースを出展。8千人が来場
平成25年12月 「奈良マラソン2013」を開催。14000人が参加。
平成26年3月 「小学生新聞」を創刊。奈良県、各市町村の教育委員会、各小学校の協力で小学生に直接学校より配布される無料タブロイド新聞として創刊。創刊号が好評につき、夏、冬、春の長期休暇前に発行。
平成26年4月 機構改革にともない、販売課と文化事業課を統合、事業部に改組。
平成26年5月 第3回おもしろ歴史フェスティバルか「歴史を楽しむ」を開催。歴史バトル「邪馬台国はどこだ?」や「試験に出る高校生クイズ」などで、1万人が明日香石舞台公園に集う。
平成26年9月 なら中高生新聞「Step Jump」を創刊。県内中学校・高等学校などへ約8万部配布。県出身の漫才コンビ「笑い飯」のインタビュー記事をはじめクラブ活動の様子や生徒たちが取材編集した記事などを掲載。
平成26年10月 本紙「奈良新聞」で、全国の発掘調査の成果などを紹介する「歴史万華鏡」、市町村の話題をピックアップする「ふるさと春秋」、感染症情報など健康に関する最新情報を提供する医療特集面などを新設し、紙面をリニューアル。
平成26年12月 奈良マラソン2014を開催。第5回を記念して県民枠2000人を設定し、例年以上に盛り上がる。
平成27年4月 7年ぶりに新卒の新入社員9人が入社。
平成27年6月 「大和タイムス」から「奈良新聞」に改題して40周年。
事業部の文化事業課と販売課を、文化事業部、販売部に改組。
クーポン広告を主体とした「ならリビングクーポン」を創刊、第3金曜日に発行。
県の「ならムジークフェスト」の一環として、中田ヤスタカ、きゃりーぱみゅぱみゅらを招き、県・橿原市と「takenoko in 橿原神宮」を開催、5000人を超える大盛況となった。
本社西側の土地約1300平方メートルを奈良新聞不動産株式会社が取得し、乗用車40台分の駐車場が拡張された。
新しい取締役に元電通の齋田勉氏が就任。
平成27年9月 第4回歴史フェスティバルで、刀剣をテーマにした展示と講演で、20代の女性ファンでにぎわう。また歴史バトルでは佐賀県・吉野ケ里遺跡と明日香村を中継で結び、邪馬台国論争を実施。
最終面に「奈良新聞」の題字をつけ、共同通信配信の世界や全国ニュースを掲載して、後ろからでも読める紙面にしたほか、1・2・3面に県内ニュースを満載し、大胆な紙面改革を実施した。
平成27年11月 「ならリビング」が創刊して40周年を迎えた。
平成27年12月 奈良マラソン2015を開催。初冬の奈良の風物詩となり、沿道周辺に賑わいをもたらす。
平成28年6月 橿原市に賃貸で入居していた中南和支社が磯城郡田原本町に自社ビルを新築して移転。業務を開始。
第5回歴史フェスティバルを開催。刀剣の展示や講演会、高校生クイズを二日間にわたって開催。全国から多くの刀剣ファンや高校生が集まった。新たに高校生クイズ応援合戦を実施。県内の五校が吹奏楽や合唱などで会場を盛り上げた。
平成28年10月 創刊70周年記念祝賀会、奈良ロイヤルホテルにて盛大に開催。
創刊70周年を記念し、70点の「奈良遺産」を選定する「奈良遺産70-魅力再発見プロジェクト~ええとこあるやん、奈良。~」を立ち上げ公募、創刊記念日に奈良新聞別刷り12頁にて発表。
平成28年12月 奈良マラソン2016を開催。各駅から会場へのバスの増便やランナーに防寒具を提供するなど、おもてなしの精神をさらに充実。会場、沿道ともに賑わいをみせる。
平成29年2月 県内市町村の地域おこしを紹介する「地方創生シリーズ」を掲載。県内39市町村の取り組みを連載。
平成29年4月 奈良の伝統工芸を一同に集めた「奈良工芸の粋展」を開催。人間国宝の北村昭斎氏をはじめ、さまざまなジャンルの工芸作家約40名の作品を大乗院庭園文化館などに展示。
平成29年6月 第6回歴史フェスティバルを開催。好評の刀剣講演会や高校生クイズに加えて、「ハイスクールミーティング」として高校生のステージパフォーマンス大会を新たに実施。ダンスやバンドなど、12校の有志が日頃の活動の成果を披露。
新取締役に鈴木健介氏(キリンホールディングス株式会社CSR推進部長兼コーポレートコミュニケーション部長、キリンビール監査役を歴任)、西島知宏氏(元電通、株式会社BASE代表取締役)が就任。
平成29年9月 奈良市法華寺町9番地の本社西側駐車場に隣接する土地約1200平方メートルを奈良新聞不動産株式会社が取得し、27年6月に取得した用地に続き駐車場が拡張された。
平成29年11月 奈良県大芸術祭の一環で「万葉ロマンフェスティバルin藤原京」を開催。中孝介のコンサートや花火など多彩な催しで、2日間で約2万人が藤原京を賑わした。
平成29年12月 「奈良マラソン2017」を開催。市町村のブース参加が増え、ランナー向けの賞品の提供もあり、地域のPRをいっそう強化して、奈良県全体の魅力発信の側面を強化。例年以上の盛り上がりをみせた。