特集奈良の鹿ニュース

スポーツ

奈良クラブ試合サマリー J3第30節

関連ワード:

YS横浜ゴールに迫る浅川(中央)と加藤(右)=ニッパツ三ツ沢球技場 ⒸNARA CLUB 撮影・塩澤成樹

別の写真を見る

▽J3第30節(ニッパツ三ツ沢球技場)

 

YS横浜 1―0 奈良クラブ

  (39)       (43)

 

▽順位 7位 

 

▽観衆 1092人

 

【戦評】

 

 奈良は前半30分、PKを献上。これが決勝点となった。奈良は連勝を逃し7位に後退。

 

【記者の目】

 

 奈良は前半から優位に試合を進めたが、1点が遠かった。前半7本、一発退場で相手が一人少なくなった後半は13本のシュート放ったが、どうしてもゴールを割ることができなかった。

 

 ピッチがよく整備されていて、奈良クラブは持ち味のパスワークを発揮。素早く細かくパスをつなぎ前を向いてボールを運び、ロングボール、サイドチェンジを織り交ぜてサイドから、中央から攻め立てたが、YS横浜の体を張った守りを破れなかった。

 

 数的優位に立ったチームが、勝ちきれずに敗れる事はサッカーではよく起こることだが、攻め手のすべてを使ってもゴールにつながらなかったことが課題として残った。

 

 印象的だったのは、両サイドから何度もクロスを送っても跳ね返された。テンポが同じで、待ち構えているYS横浜の選手たちも守りやすかったように見えた。その辺りの工夫が求められるだろう。

 

 この試合で奈良クラブは持ち味すべてをピッチで表現できていた。それでも勝ち星がついてこなかった。「そんな事もある」と現実を受け止めるしかないだろう。(河村)

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド