特集奈良の鹿ニュース

スポーツ

奈良クラブサマリー J3第24節

関連ワード:

自身初のフリーキックを決め、仲間に祝福される酒井(19)=ロートフィールド奈良 ⒸNARA CLUB 撮影・塩澤成樹

別の写真を見る

▽J3第24節(ロートフィールド奈良)

 

奈良クラブ 2―0 AC長野パルセイロ

   (35)          (29)

 

▽順位 6位 

 

▽観衆 1262人 

 

 【戦評】

 

 浅川、酒井の2ゴールで快勝した。前半40分に堀内が起点となり、縦パスを細かくつなぎ最後は浅川が今季11ゴール目を奪い先制した。後半30分には酒井がキャリア初となるフリーキックを決めた。

 

 奈良は2連勝。3試合目連続のクリーンシート(無失点)で今季11試合目。浅川は得点ランキング2位タイ。

 

 【記者の目】

 

 奈良クラブは5バック長野の攻略に成功した。左ウインガーに浅川、右ウインガーに金子、センターに酒井を起用。フリアン監督は「金子と浅川を内側に絞った位置、酒井を少し下げたところでビルドアップに関わってもらい、相手の5バックをピン止めできた」と説明。左右にできたスペースを両サイドバックが突き、次々とチャンスをつかんだ。

 

 左右からのクロスで揺さぶり、ペナルティーエリアの幅を使って、ショートパスをつないで長野ゴールに迫るなど、多彩な攻めが効果的だった。

 

 後半は攻め込まれる場面が増えたが、途中出場のDF小谷らが中心となってアグレッシブな守りで完封勝ちにつなげた。

 

 前節のFC大阪戦で山本がCKからゴールを奪い、今節は酒井が直接FKを決めるなど、課題のセットプレーからの得点が増えている。

 

 中島、堀内はDF陣とFW陣のつなぎ役をしっかり果たしている。中島は自陣のエリアでボールを奪取し、相手のエリアへ付近で多彩なラストパスを供給。堀内は守備はもちろんの事、最近は押し上げて攻撃のスイッチを入れるプレーが多くなり、ゴールにつながっている。この2人が繰り出す縦パスが攻撃の新たなアクセントになっている。

 

 この日、けがで出遅れていた金子が今季初めて90分プレーし、浅川の先制ゴールに絡んだ。掘内からの縦パスにくさびとなって後ろに戻し、再びボールを受けると前線へ好パスを供給。試合後の監督会見で、記者から金子に対する質問がなかったことで、フリアン監督自らが「今日ピッチに戻ってきて90分間素晴らしいレベルでプレーをしてくれた」と語りだすほど、待ちに待った右ウインガーの復活だった。(河村)

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド