特集奈良の鹿ニュース

歴史文化

大和古寺お参り日記【29】 - 大安寺(上)

関連ワード:

新宝物殿に安置された天平仏

 奈良時代、2基の七重塔がそびえる大寺院として広大な敷地を有し、近年は「がん封じ」の寺として知られる大安寺。南都七大寺の一つでもある。

 

 創建は聖徳太子の遺言とされ、舒明天皇が百済大寺として創建。その後、高市大寺、大官大寺と名前を変えて移転し、平城京に移って大安寺と呼ばれるようになった。かつては約26万平方メートルの境内に90棟余りの堂塔が立ち並んでいたと伝わる。そこでは900人近くの僧が仏教を学んでいたそう。

 

 今年4月、同寺に伝わる天平仏を安置する宝物殿(讃仰殿)の増改築工事が終了、国重要文化財9体のうち7体が安置されている。真新しい木の香りが心地よい新宝物殿を河野裕韶(ゆうしょう)副住職に案内していただいた。

 

増改築された新宝物殿

この記事の残り文字数:774文字
(写真枚数:5枚)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド