募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

教育

奈良・国際中でウズベキスタン大使館職員が出張授業 - 子どもたちの交流で平和を【ふりがな付きニュース】

関連ワード:

 奈良なら県立けんりつ国際こくさい中学ちゅうがく高校こうこう奈良市ならし二名町にみょうちょう)で2月6日、中学ちゅうがく1ねんせい71にん対象たいしょうに、ちゅうにちウズベキスタン共和国きょうわこく大使館たいしかん職員しょくいん、エルガシェフ・ファヒリデインさんによるしゅっちょう授業じゅぎょう「シルクロードのほうせき・ウズベキスタンをろう!」がおこなわれました。生徒せいとたちは熱心ねっしんみみかたむけ、日本にほんとの共通点きょうつうてん相違点そういてんなどをかんがえました。

 

 授業じゅぎょうでは国土こくど面積めんせき国旗こっき日本にほんからの所用しょよう時間じかんなどを、三択さんたくクイズ形式けいしき紹介しょうかい。1991年にどくりつしたこと、世界せかいで2カこくしかない二重にじゅう内陸ないりくくに(※ちゅう)でみず貴重きちょうなこと、サッカーが人気にんきで、プロフというこめ使つかったでんとう料理りょうりがあることなどもつたえられました。エルガシェフさんは授業じゅぎょうなかで「平和へいわのために、どもたちが交流こうりゅうして、世界せかいをつくってほしい」とおもいをつたえました。

 

 授業じゅぎょうけた古島由悠さん(13)は「ウズベキスタンのひとたちは日本にほんたいして友好的ゆうこうてきった。どう世代せだい交流こうりゅうふかめたい」、生徒せいと会長かいちょうつとめる山神彩愛さん(13)は「学校がっこう見学けんがくしたいし、日本にほんとの相違点そういてんつけにウズベキスタンをおとずれたい」とそれぞれはなしました。

 

 中央ちゅうおうアジアに位置いちするウズベキスタン共和国きょうわこくのサマルカンドしゅう奈良県ならけんふるくからシルクロードをつうじてふかいつながりがあるというえんで、2021年12月にゆうこう提携ていけいむすんでおり、今回こんかいしゅっちょう授業じゅぎょうは、2025年に開催かいさいされる大阪おおさか関西かんさい万博ばんぱくをきっかけにいき人々ひとびとどもたちと万博ばんぱくさんする世界せかいくに地域ちいきかんけいしゃ国際こくさい交流こうりゅうふかめる仕組しくみづくりのための「万博ばんぱく国際こくさい交流こうりゅうプログラム・コーディネーターれんけいモデル事業じぎょう」として実施じっしされました。

 

ちゅう=2つのくにとおらないとうみることができないくにのこと。世界せかいでウズベキスタンとリヒテンシュタイン(ヨーロッパじゅう)の2カこくのみ。

 

 

出張しゅっちょう授業じゅぎょう母国ぼこく紹介しょうかいする駐日ちゅうにちウズベキスタン共和国きょうわこく大使館たいしかん職員しょくいん、エルガシェフ・ファヒリデインさん=2月6日、奈良市ならし二名町にみょうちょう県立けんりつ国際こくさい中学ちゅうがく高校こうこう

 

 

駐日(ちゅうにち)ウズベキスタン共和国(きょうわこく)大使館(たいしかん)職員(しょくいん)、エルガシェフ・ファヒリデインさんと記念撮影(きねんさつえい)(どう)

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド