特集奈良の鹿ニュース

政治

【動画あり】亀の瀬地すべり対策 命を支え地道に60年 「世界最大級」の杭工事も - インフラは今(2)

関連ワード:

地滑り層から抜いた水を集める排水トンネル。上部の突起は集水管の先端

別の写真を見る

 大和川は王寺町で一つに合流し、奈良と大阪を南北に隔てる生駒山地と金剛山地の谷間を縫って大阪へと流れ出る。その谷あいの「亀の瀬」地区は、約4万年前から地滑りを繰り返してきた。国道や鉄道が通る交通の要衝だが、過去には地滑りで河床が上昇して川がせき止められ、奈良県内で大規模な浸水被害が発生。そのため、国は1962(昭和37)年から約60年かけて対策工事を実施し、現在は沈静化している。自然豊かな風景の中に、命と財産を守るための先端の設備が張り巡らされている。(竹内涼香)

 

 

亀の瀬トンネルプロジェクションマッピングの動画

この記事の残り文字数:1,652文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

トレンドワード

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド