特集奈良ラーメン探検隊活動中!

政治

JR関西本線「新駅」とまちづくり 周遊観光の起爆剤に AI活用企業などの誘致も - インフラは今(7)

関連ワード:

JR関西本線の新駅を中心としたインフラ整備のイメージ(奈良県資料から)

別の写真を見る

 高規格幹線道路「京奈和自動車道(大和北道路)」(仮称)の奈良インターチェンジ(IC)の整備に合わせてJR関西本線が高架化されるのに伴い、奈良―郡山の両駅間に設置される「新駅」(奈良市八条2丁目周辺)。周遊観光の起爆剤としても期待され、鉄道事業は2028年度の完成を目指す。駅前周辺と中心市街地をつなぐ「西九条佐保線」や、「大安寺柏木線」も都市計画決定、新駅周辺にはAIやIoTなど先端技術を活用した企業誘致の期待もかかる。新たなまちづくりに向け、地権者らによる土地区画整理準備組合も設立された。(倉岡牧子)

この記事の残り文字数:1,654文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

トレンドワード

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド