特集奈良ラーメン探検隊活動中!

政治

大和中央道、半世紀経て続く工事 整備遅れ指摘も期待される役割 - インフラは今(4)

関連ワード:

2007年に供用開始された大和中央道「大和郡山環状線」=大和郡山市満願寺町付近

別の写真を見る

 市街地間を結ぶ広域交通の担い手となる都市計画道路「大和中央道」。同道路は奈良市と奈良県大和郡山市、それぞれの市域で整備が決定されていた2本の都市計画道路を1973(昭和48)年に統合、改めて延長約14.3キロの広域路線として建設する計画変更が行われた。以来、今年で50年。紆余(うよ)曲折を経ながらも完成した区間から順に供用を開始、地域の発展に寄与するとともに、残る区間では計画から半世紀を経た現在も工事が続けられている。(松井重宏)

この記事の残り文字数:1,755文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

トレンドワード

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド