特集奈良の鹿ニュース

スポーツ

奈良クラブ試合サマリー第21節

関連ワード:

 森(右)は今季4ゴール目。得点力に加え、抜群のスプリント力も魅力=奈良クラブ提供(撮影・塩澤成樹) 

別の写真を見る

9月10日・ひなた宮崎県総合運動公公園ひなた陸上競技場

 

観衆166人

気温32・0度 晴

ピッチ 良

 

 【戦評】

 

 奈良クラブは前半に失点したが、後半に片岡、森のゴールで逆転勝ちした。

 

 【順位】

 

 3位

 

 【記者の目】

 

 虎視眈々と相手のスキを突きゴールを奪うしたたかさが出てきた。

 

 前半の失点は左サイドからのクロスボールに奈良のデフェンス2人が背後を突かれて失点。マークが完全に外されていたのが反省点。

 

 後半の2ゴールは見事だった。

 

 いずれも寺村が起点。同点ゴールは寺村が自陣正面からグラウンダーのパスを桑島に送り片岡の同点ゴールにつなげた。逆転ゴールは寺村が左サイドから右サイドの平松にハイボールで送り、平松がゴール前へクロス。これを森が押し込んだ。

 

 寺村の視野の広さがもたらした得点。センターバックでありながら、ボランチのように攻撃の起点にもなっている。ここ一年の成長ぶりは特筆に値する。

 

 片岡、森がそろって4ゴール目。片岡、森のシュートはタイミイグが独特で相手GKにとって2人は嫌な選手だろう。ダイナミックシュートを放つFW浅川とは違い、いいアクセントになっている。

 

 東京武蔵野戦のあと、FC大阪戦が中止となり、気持ちの切り替えが難しいと感じていたが、それは杞憂だった。選手たちに敬意。

 

 次戦のマルヤス岡崎戦は難しい試合になるだろう。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド