特集2024年春の高校野球奈良大会速報

教育

地元児童が伎楽に挑戦 奈良県明日香村 - 歴史や楽しさ伝えたい【ふりがな付きニュース】

関連ワード:

 明日香あすか村立そんりつ明日香あすか小学校しょうがっこう児童じどうが2月23日、同村どうそん川原かわはら中央ちゅうおう公民館こうみんかん仮面劇かめんげき伎楽ぎがく」を上演じょうえんしました。「伎楽ぎがく」は7世紀せいきはじめに大陸たいりくから日本にほんつたわり、聖徳太子しょうとくたいし少年しょうねんたちにならわせたとされています。

 

 明日香村あすかむらが2021年にスタートした伎楽ぎがく再現さいげんプロジェクトの一環いっかん実施じっしされた「明日香あすか伎楽ぎがくこども教室きょうしつ」の体験たいけんプログラムをけた児童じどうのうち、出演しゅつえん希望きぼうした3~6年生ねんせい6にん挑戦ちょうせん内容ないようやタイトルも自分じぶんたちでかんがえ、さくねん10月から練習れんしゅうかさねてきました。

 

 指導しどうにあたった天理大学てんりだいがく雅楽ががくそう監督かんとく佐藤さとう浩司こうじ同大どうだい名誉教授めいよきょうじゅ(77)は「どもたちが意欲的いよくてきんでいて素晴すばらしい。伎楽ぎがく明日香あすかひろげていけたらいい」とはなしました。

 

 この舞台ぶたいったのは鈴木草太さん(12)、薮内美季さん(12)、米川綾夏さん(11)、皆己奈緒さん(11)、保田航汰さん(9)、藤堂佑梨さん(8)。6にん村民そんみん見守みまもなか手作てづくりの衣装いしょうめんけて伎楽ぎがくちから自然しぜん災害さいがいえる「あすかのみのり」を上演じょうえんうつくしいふえかなでる呉公ごこうえんじた5ねんせいの皆己さんは「みなやくになりきりひとつにまとまったとおもう。もっとおおくのひと伎楽ぎがく歴史れきしたのしさをってもらいたい」、とり化身けしん迦楼羅かるらえんじた3年生ねんせいの藤堂さんは「迦楼羅かるらきで参加さんかした。緊張きんちょうしたけどたのしかった」とそれぞれはなし、笑顔えがおせていました。

 

 

伎楽ぎがく再現さいげん挑戦ちょうせんしたどもたち=2月23日、明日香村あすかむら川原かわはら中央ちゅうおう公民館こうみんかん

 

 

 

上演(じょうえん)()え、舞台(ぶたい)感想(かんそう)()べる()どもたち=(どう)

 

 

 

それぞれの(やく)をやり()げ、満足(まんぞく)そうな()どもたち=(どう)

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド