募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

教育

子どもの視力をスマホから守るには・近視編 - 奈良県眼科医会・阪本卓司医師に聞く

関連ワード:

 文部科学省が昨年11月に発表した「2022年度の学校保健統計調査」の結果で、裸眼視力が1・0未満の割合が、小学生は37・88%、中学生は61・23%、高校生は71・56%で、いずれも過去最多だった。また、裸眼視力が0・3未満の割合は、小学生11・99%、中学生28・26%、高校生42・11%で、小学生が過去最多だった。調査は、全都道府県の一部の学校を抽出して健康診断結果を集計した。19年度までは4~6月の実施だったが、20年度以降は新型コロナの影響で年度末まで延長して4月~翌年3月に実施されたため、文科省は「これまでの調査との単純比較は難しい」としているが、子どもの視力低下については「スマートフォンやデジタル端末を使う時間が増えたため」と分析している。奈良県眼科医会の学校保健担当理事を務める阪本卓司医師に、子どもの目を取り巻く現状について話を聞いた。インタビューの前半は「近視」について。

 

後半の弱視編はこちらから

 

 

 

 

この記事の残り文字数:2,399文字
(写真枚数:2枚)

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド