歴史文化

大和路の弘法大師【12】 五百井戸(斑鳩町龍田南1丁目)

関連ワード:

弘法大師が500番目に掘ったとされる井戸=斑鳩町龍田南1

 各地に数多く存在する弘法大師伝説にちなんだ井戸。斑鳩町役場の国道25号をはさんだ向かいにある井戸は、一説によると弘法大師が500番目に掘ったものとされ「五百井戸」と呼ばれている。

 

 この井戸は「伊勢物語」の主人公とされる在原業平が河内・高安山の河内姫のもとに通う途中、水面に自分の姿を映したという伝説にちなむ「業平姿見の井戸」の名称もある。

 

 同町五百井(いおい)の地名も五百井戸に由来するとされ、良質で豊富な地下水は醤油づくりにも生かされている。

 

 人々の暮らしを支える清水をくみ上げた石組みの井戸は、鉄製のふたがされた現在も地域の人々に大切にされている。(竹内稔人)

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド