特集奈良ラーメン探検隊活動中!

社会

奈良県内DV相談件数が減少 新型コロナ沈静化などで - 2022年度

関連ワード:

 奈良県こども家庭課は、2022年度のDV(配偶者などによる暴力)の相談状況をまとめ、発表した。県に寄せられた相談は714件(前年度767件)、市町村は575件(同814件)で、ともに減少した。同課は「コロナ禍の影響もあって相談件数は20年度に急増したが、その後は感染の沈静化もあって再び減少に転じている」と指摘。ただ潜在化の懸念もあり、引き続き相談しやすい環境づくりを推進、啓発に取り組むとしている。

この記事の残り文字数:1,000文字
(写真枚数:1枚)

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド