募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

教育

奈良県と橿原市「検証チーム」が4歳女児暴行死事件で報告書

関連ワード:

虐待対応体制が脆弱

経験少ない職員が手探り

 

 奈良県橿原市で昨年6月、田川星華ちゃん=当時4歳=が母親の交際相手=傷害致死罪で起訴=から暴行を受け、死亡した事件で、県と橿原市が共同設置した「検証チーム」(座長・西田尚造弁護士、5人)は28日、検証報告書を提出した。提出後、報道陣の取材に応じた西田座長は「検証を通じて分かったのは県、市の虐待対応の体制の脆弱性。経験の少ない職員が手探りでやっており、組織としての意識決定やアセスメントができていなかった。こうしたことが相まって今回のケースにつながった」と指摘した。

この記事の残り文字数:1,189文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド