特集奈良ラーメン探検隊活動中!

歴史文化

連載「歴史インタビュー」 第4回/奈良芸術短期大学特任教授 前園実知雄さん - 「幸せな発掘人生」

関連ワード:

「幸せな発掘人生だった」と語る前園実知雄さん=橿原市内

 考古学や歴史学、文化財学などの専門家に話を聞くインタビュー連載。第4回は奈良県内の数々の発掘調査を担当してきた、奈良芸術短期大学特任教授の前園実知雄さん。著名な藤ノ木古墳の調査を中心に振り返っていただきました。(聞き手・竹内稔人)

 

 太安万侶(おおのやすまろ)の墓(奈良市)をはじめ、宮滝遺跡(吉野町)や大峯山寺(天川村)、唐招提寺金堂(奈良市)、法隆寺(斑鳩町)など多くの発掘調査に関わり、「幸せな発掘人生だった」と語る。

 

 実家の寺を継ぐつもりで4年間は古代史を学ぼうと同志社大学に入学。ところが2年時に考古学者、森浩一さんの講義に感銘を受け、考古学の道へと方向転換。卒業後、県立橿原考古学研究所(橿考研)に入った。

 

藤ノ木古墳の調査

 携わった発掘調査でよく知られる一つが藤ノ木古墳(斑鳩町)。同古墳との関わり始めは県の遺跡分布図作成時だった。墳丘の裾に掛かっていた小字「藤ノ木」から古墳の名を命名した。

この記事の残り文字数:1,589文字
(写真枚数:2枚)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド