特集2024年春の高校野球奈良大会速報

スポーツ

奈良クラブ試合サマリー第13節

関連ワード:

 若手の中でフリアン監督の信頼をつかみつつある寺村。ドリブルで局面の打開を図る力が光る=奈良クラブ提供(撮影=塩澤成樹)

別の写真を見る

▽第13節 奈良クラブーソニー仙台FC

(6月26日・ロートフィールド奈良)

 

観衆915人

気温33・1度 晴

ピッチ 良

 

 奈良クラブは主導権を握り、前後半合わせて10本のシュートを放ったが無得点。後半はCKやフリーキックから絶好機をつかんだが活かせなかった。スコアレスドローで3連勝ならず。5位。

 

奈良クラブ勝ち点21

ソニー仙台勝ち点11

 

 

【記者の目】

 

 コーナーキックやフリーキックから多彩なデザインプレーでゴールを狙ったが得点は生まれなかった。相手GKのファインセーブ、シュートがポストに跳ね返されるなど惜しい場面ばかり。しかし、セットプレー以外に流れの中から数多くのチャンスをつかんでおり、チームは着実に成長している。

 

 ディフェンダーのパスミスでピンチを招いたのは反省点。森田のサイドチェンジのパスは効果的だった。デフェンダーの寺村、加藤らが積極的に攻撃参加しながら、13試合中8試合でクリーンシート(無失点)は守備の堅さを証明している。勝ち点21で首位と2ポイント差。シーズン半ばに差し掛かるこの時期に順位を拘泥するより、チームの完成度を高めること。残されているのは、フィニッシュだけになっている。

 

 フリアン監督談話

 

 ゴールエリア内でのプレーは良く出来ているが、シュートの段階で決断力がないために勝ち点3が逃げている。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド