国原譜

筒井康隆さんが、もう小説は書かないと宣…

関連ワード:

 筒井康隆さんが、もう小説は書かないと宣言。それで「最後の作品集」になるらしい掌編小説集『カーテンコール』(新潮社)が話題だ。

 

 振り返れば、筒井さんの作品を読んだのは1970年前後の短い期間。よく知られている『時をかける少女』など、独特のSF小説世界に魅了された。

 

 奈良に住んでいるせいか、小説『筒井順慶』は記憶に残る。戦国武将として、松永久秀の宿命のライバルだった、あの筒井順慶を巡る筒井ワールドは荒唐無稽そのもの。

 

 小説は1968年に週刊誌に連載、翌年書籍化された。順慶本人も登場して「今は日本にとっていい時代」「戦争はないし、ぜいたくな、苦労のない時代」などと語る。

 

 また、日本は外国の戦争を眺め「片方では同情し、戦争をやめさせろと叫び、他方では武器を作って儲けている」とも指摘する。パロディーだけど批評精神が光る。

 

 実際の順慶は大和の名門の出で、興福寺の衆徒であり続けた。「本能寺の変」「山崎の合戦」の近くにいながら直接関わっていないため「日和見順慶」と言われもしたが、実像に迫らない。享年36歳。(北)

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド