募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

国原譜

大阪・関西万博が掲げるテーマは「いのち…

関連ワード:

 大阪・関西万博が掲げるテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。世界から賞賛される成果を望む。ただ2年後の「戦後80年」も忘れまい。

 

 先日、韓国の大法院(最高裁)で下された判決が注目された。旧日本軍慰安婦問題を扱った書籍『帝国の慰安婦』(日本語版は2014年発行)を巡ってだ。

 

 元慰安婦の名誉を傷つけたとして名誉毀損(きそん)罪に問われた著者、朴裕河(パクユハ)・世宗大名誉教授の上告審。判決は罰金刑を破棄、高裁に差し戻した。

 

 朴氏は執筆の動機について、元慰安婦は戦争のではなく、「植民地支配」の犠牲者だということを明らかにしたかったからだとした。

 

 作家の故・田村泰次郎は中国で戦争を体験。戦後に『春婦伝』『蝗(いなご)』といった、「慰安婦」が登場する小説を書いた。朴氏も著書で触れているが、貴重な「証言」でもある。

 

 今回の判決は、日韓両国で今後も尾を引いてゆくだろう。戦争の記憶と歴史をどう受け継ぐかという戦後世代の宿題として。万博が描く未来社会は、過去の歴史を踏まえた展望でもなければならない。(北)

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド