特集奈良の鹿ニュース

教育

2025年度の奈良県・大和高田市・県立大付属高公立学校教員採用試験 「3年次選考」などを新設 4月26日から出願受け付け

関連ワード:

 奈良県教育委員会は10日、2025年度の県・大和高田市・県立大付属高の公立学校教員採用試験の受験案内を発表した。大学3年から受験できる「3年次選考」などを新設した。採用予定者数はまもなく公表予定。また、26年度の中学校と高校の外国語(英語)の採用試験で、受験者が所有する英語資格を教科専門試験の得点とする。

 

 今回の主な変更は、小学校と特別支援学校で「3年次選考」▽高校の理数系や実業系科目を対象に、教員免許状がなくても大学院修了者(見込み含む)が受験できる「大学院選考」▽高校の留学生対応のための「日本語指導教員選考」▽指導充実のための「発達支援推進教員選考」―の4選考を新設。さらに、国立と奈良県以外の公立学校の現職の正規教諭を対象に、教諭経験により1次試験を免除する。採用者の年齢上限は定年の1年前までのため、定年年齢が現在段階的に引き上げられていることから、今回は1964年4月2日以降の出生者。

 

 受験案内書は、県教職員課のホームページでダウンロードするか、奈良市登大路町の県庁教職員課、大和高田市幸町の県産業会館、東京都の県東京事務所と奈良まほろば館で配布。出願はインターネット「e古都なら」のみで受け付け、受け付け期間は、26日午前9時から5月20日午後5時。

 

 1次試験は6月15日に筆記、翌16日に実技を行い、結果は7月10日にホームページ掲載と本人へメールで通知する。2次試験は7月20日以降に実施する。

 

 問い合わせは県教育委員会事務局教職員課、電話0742(27)9852。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド