募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

歴史文化

「達陀」 炎で厄除き招福 - 奈良お水取り2024

関連ワード:

水天(右)と向き合い跳躍しながらたいまつを突き出す火天=14日午前1時14分ごろ、奈良市雑司町の東大寺二月堂

 14日未明には、たいまつの火の呪力で災いを除き福を招く儀式「達陀(だったん)」があり、聴聞者は躍動的な火の行法に見入った。

 

 内陣正面に「八天(はつてん)」と呼ばれる八役の練行衆が次々に駆け現れ、ピョンと跳ねながら火の粉や香水(こうずい)、大刀、鈴などそれぞれの呪物で場を清めた。

この記事の残り文字数:213文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド