募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

歴史文化

臨時列車で松明運搬 赤目口駅~近鉄奈良駅、二月堂へお届け - お水取り2024

関連ワード:

松明を臨時電車に積み込む講員ら=12日、三重県名張市の近鉄赤目口駅

別の写真を見る

 近鉄(大阪市)は12日、来年の東大寺二月堂「修二会(お水取り)」で使用する松明(たいまつ)を運ぶ臨時電車を、赤目口駅(三重県名張市)と近鉄奈良駅間で運行した。近鉄奈良駅到着後、伊賀一ノ井松明講の講員らが松明を担いで二月堂まで行進した。

この記事の残り文字数:433文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド