募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

歴史文化

奈良・斑鳩町の若草伽藍、南方区画の溝を初確認 瓦や焼けた壁土片も出土

関連ワード:

若草伽藍の南方で見つかった区画の溝=2月28日、斑鳩町法隆寺1の法隆寺周辺遺跡

別の写真を見る

実態解明する重要な成果

 

 奈良県斑鳩町は29日、同町法隆寺1丁目の法隆寺周辺遺跡で、聖徳太子が創建した当初の法隆寺「若草伽藍(がらん)」の南方を区画する溝が見つかったと発表した。伽藍の南方エリアで区画を示す遺構が確認されるのは初めて。同町は「若草伽藍の実態を解明する上で重要な成果」としている。溝からは多量の瓦も出土し、古代寺院の瓦を研究する上で貴重な資料となる。

この記事の残り文字数:973文字
(写真枚数:2枚)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド