特集奈良ラーメン探検隊活動中!

歴史文化

生駒の「庄田松明講」 東大寺二月堂の修二会を前に最後の竹を奉納 - お水取り2024

関連ワード:

修二会の松明に使われる竹を運ぶ庄田松明講のメンバー=17日、奈良市雑司町の宝珠院

別の写真を見る

メンバー高齢化も「復活させてほしい」

 

 東大寺二月堂の修二会(しゅにえ=お水取り)を前に、奈良県生駒市高山地区の講社「庄田松明(しょうみょう)講」(高木忠夫代表)が17日、奈良市雑司町の同寺塔頭・宝珠院(佐保山暁祥住職)に、お松明(たいまつ)用の竹を奉納した。同講社は明治時代ごろから竹の奉納を続けてきたが、メンバーの高齢化のため、今回が最後の奉納となる。

この記事の残り文字数:331文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド