募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

社会

ならコープが栽培、注目のICT農法イチゴ 奈良県内で販売スタート 近大学生も協力

関連ワード:

店頭で試食をすすめつつイチゴを販売する学生=11日、平群町椿井のコープたつたがわ

 市民生活協同組合ならコープ(奈良市、吉田由香理事長)は、ICT(情報通信技術)を活用した近畿大学農学部の「なら近大農法(ICT農法)」で育てたイチゴの販売を県内9店舗で始めた。ICT農法での栽培はならコープ初の取り組みで、市民の関心を集めている。

この記事の残り文字数:559文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド