歴史文化

大和の神結び vol.1 - 天河弁財天社 第6話

関連ワード:

神の御心(みこころ)に沿うということ

 日々を過ごしていると、どうしても気持ちが弱くなること、嫌になること、前を向けないことがある。

 

 

――気持ちを立て直すにはどうすればいいでしょうか

 

柿坂匡孝禰宜「気が枯れるから人は弱くなります。それが『けがれ』となります。それをどうやって修正するかというと、我々は一生懸命『掃除』をします。ホウキを持って掃き清めることです。また、自分の普段の生活、掃除、洗濯、食事が払いだと思います。普段の行いによって自分の身体も心も洗濯されていきます。意識を持ってやることが大切です。食材も、水の恵みや太陽の光を受け、命を全うして私たちの口に入ります。命の尊さの融合です。日々、笑顔で喜びを感じ心豊かに生かされている中で、何ができるのか自問自答しながら、心と身体のバランスをとって生きていくことが大切です」

 

この記事の残り文字数:1,320文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「大和の神結び」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

元消防士のエッセイ集

プレゼント写真
提供元:文芸社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ