歴史文化

大和の神結び vol.1 - 天河弁財天社 第5話

関連ワード:

天河神社に伝わる五十鈴

柿坂匡孝禰宜「五十鈴(いすず)は、天河大辨財天社に古来より伝わる独自の神宝として納められています。天照大御神が天岩屋戸にお隠れになったとき、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が、鈴をつけた矛(ほこ)をもって舞を舞ったところ岩屋戸が開れたという伝承に登場する、天宇受売命が使用した神代鈴と同様のものであると伝えられています」

この記事の残り文字数:466文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「大和の神結び」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ