特集奈良ラーメン探検隊活動中!

教育

奈良県教職員1288人異動 新教育長に大石氏就任

関連ワード:

 奈良県教育委員会は31日、2024年度の教職員人事異動を発表した。異動総数は1288人(退職者含む)で、前年度に比べて171人少なかった。主な点は、49歳以下の若手教員を管理職などに積極的に登用したことと、前年同様に女性管理職の登用にも力を入れたこと。女性管理職数は小、中、義務教育学校、高校の計147人(前年度比2人減)で、全体での割合は過去最高だった前年同様に22.6%を占めた。また、新教育長には前・県立畝傍高校長の大石健一氏(59)が就任した。いずれも4月1日付。

この記事の残り文字数:733文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド