特集記事

日産 新型軽EV「サクラ」の魅力を語る<PR>

関連ワード:

新型軽 電気自動車(EV)
「日産サクラ」の新カーライフ

技術の日産が軽の量産型電気自動車(EV)を初投入


 

 日産自動車は「サクラ」(SAKURA)を5月20日、発表しました。「リーフ」「アリア」に続く日産自動車では量販3モデル目の電気自動車です。 そして初の電気による軽自動車です。その登場は、これまでのクルマの概念を一変させるもので、電気自動車の普及促進に弾みをつけると言われています。

 

 「サクラ」の魅力と新しいカーライフの提案について、日産のディーラーの皆さんに語っていただきました。

 

 

日産サティオ奈良
奈良支店カーライフアドバイザー
前田 大志さん

前田 大志さん

 

ランニングコスト抑え 山間部で力強い走り


 EVを購入されるお客さまは「リーフ」が月間走行距離500から1000kmと毎日通勤等で短距離の移動を行われる方、「アリア」がドライブ好きでよく遠出される方、「サクラ」は軽自動車に乗っておられて、軽自動車でも力強い走りをと考えておられる方です。


 「日産サクラ」のセールスポイントは、維持費がぶっちぎりに安いことです。「サクラ」の充電にかかる電気代はざっくり1kw=30円で、20kw充電に必要な電気代は600円です。深夜電力が1kw15円と仮定すると20kwの充電料金は300円です。「サクラ」は満充電で約180km走れますので、1kwあたり約2円、仮にリッターあたり20kmの軽自動車でガソリン代が170円とすると、km当たり約8円となるので、「サクラ」の安さが分かります。さらに「サクラ」の自動車税は75%OFFの2500円と、こちらも破格の安さです。


 奈良は山間部にお住まいの方が多く、毎日クルマに乗ることが多いです。さらに急な坂も多いので、力強い走りをしてほしいと考える方も多いです。さらに最近は災害時に備えてあらゆる装備を考える方も多くなってきています。EVは毎日のランニングコストを抑え、パワーもあり蓄電池としても使えるので、素晴らしいクルマだと思います。


 日産のEVでは、私は「アリア」がおススメです。私は妻と旅行やドライブに行くことが多く、しかもロングドライブが多いので「アリア」であれば乗り心地の良さ、良質なシートで、気持ちよく楽しめます。さらに冬にはスノーボードにもよく行きますので、「アリア」e-40RCEと十分な航続距離があればとても安心です。

 

自宅でスマートに充電

日産サティオ奈良

住所 大和郡山市上三橋町124-1

電話番号 0743-54-2831(代表)

     0120-233-379

 

奈良日産自動車
奈良店販売課係長
辻󠄀 謙太郎さん

辻󠄀 謙太郎さん

 

最先端をもっと身近に 街乗りサイズのEV


 日産のEVを購入されるお客さまですが「サクラ」は軽自動車のサイズでないと運転できないお客さま、送迎、街乗りがメインになっているお客さま、軽自動車ユーザーで「アリア」や「リーフ」には手が届かないけれどEVには興味があるという方です。


 EVでも「リーフ」はセレナユーザーで使用用途の変更によりコンパクトにしたい方、V2H(車から住宅への給電)を検討している方、上級セダンモデルに乗っていてコンパクトにしたい方が多いです。 「アリア」は「リーフ」のユーザーの方、「レクサス」や「アウディ」などハイクラスメーカーに乗っておられる方、上級モデルのセダンに乗っておられる方、売電が終了する方、一軒家にお住まいの子育て世代のお客さまが多いです。

 

 「サクラ」は、エクステリア面では押し出しが強い他メーカーのクルマが多くなってきている中で、 丸みがあり愛嬌(あいきょう)のあるデザインになっています。それでいてEVであることをしっかりと主張しているデザインが特色です。インテリアは「デイズ」と同じように見えますが、ちょっとした造りの違いで室内空間の広さと質感で完全に住み分けています。走行性能は登録が軽自動車というだけで完全に軽自動車の枠を超えた別のクルマです。

 

 顧客層としては充電設備のある自宅に住んでいる方、自宅に太陽光パネルを設置している方、リフォームされる方、これから新築を検討される方を想定しています。私の担当エリアでは、山間部にお住まいの方です。 町に出て来るだけで燃料を使いますがEVですとほぼないに等しいです。非常時に電源として使える点もアピールになります。

 

 日産のEVでは、私は「サクラ」がおススメです。ただ「サクラ」に限らず、もっと身近にEVを見てほしいと思います。そのためにはディーラーの私たちが窓口になって積極的に普及を図っていかなければなりません。 最先端のクルマに乗ってプライベートではスローライフというのが、私が提案するカーライフです。

 

パワフルかつ疾走感のある街乗りEV

奈良日産自動車

住所 大和郡山市小泉町725番1

電話番号 0743-54-8123(代表)

     0120-03-7023

 

 

日産プリンス奈良販売
奈良店販売課カーライフアドバイザー
石本 有佑さん

石本 有佑さん

 

高級・上質なデザインを普段使いに


 EVを購入するお客さまで「リーフ」は主に通勤や日常でクルマを使われるお客さま、一戸建てにお住まいのお客さま、環境に良いクルマに乗りたいというお客さまにおススメです。「アリア」は経済的に余裕があってEVに興味があるお客さま、あるいは自宅にソーラーパネル、V2Hを設置しているお客さまにおススメです。「サクラ」は、女性の方が比較的多い印象です。普段の買い物や子どもの送り迎え、通勤などあまり長距離を走らないお客さまにおススメで、2台目以降のサブカーとしての活躍が期待されます。


 その「サクラ」ですが、エクステリアやインテリアに高級感があり上質です。フロントには軽自動車初の3連ヘッドライト、リアコンビネーションランプは車体を横断するデザインで高級感を出しています。ディスプレイは9インチのナビゲーションと7インチのメーターを配置しています。走行性能・先端技術ではエンジン音がなく走行が非常に静かです。またモーターなのでスムースな発進が可能です。さらにガソリン車と比較すると1km当たりの走行費用は約55%安くなると計算されています。


 公共交通機関が少ない奈良県では買い物や送迎に魅力的であり、山間部が多いのでパワー面でストレスなく移動できます。また災害用電源としても利用が可能で、V2Hを付けて家庭の電力を賄うことができます。


 私のおススメEVは「サクラ」です。普段の買い物やお子さまの送り迎えなど、走行距離が少ないお客さまにピッタリで、ストレスのないリーズナブルなカーライフをアドバイスしたいと思います。

 

上質で高級感のあるインテリア

日産プリンス奈良販売

住所 奈良市南京終町2丁目290-1

電話番号 0742-62-5151(代表)

「新商品・新開発」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ