特集2024年春の高校野球奈良大会速報

社会

奈良県内初のウイスキー蒸留所、曽爾にオープン 古民家改修し整備 4年後出荷見込む

関連ワード:

「曽爾は魅力ある地。期待に応えられるよう頑張りたい」と話す、シャカール代表=10日、曽爾村山粕の「神息酒造 奈良蒸溜所」

別の写真を見る

 奈良県内初となるウイスキー蒸留所「神息(かみき)酒造 奈良蒸溜所」が10日、曽爾村山粕にオープンした。トルコ出身、シャカール・ジェム代表取締役(46)の「YOSHINO SPIRITS」(大阪市)が、古民家を改修して酒造施設などを整備。同施設で蒸留、樽(たる)熟成したウイスキーは4年後の出荷を見込んでいる。シャカール代表は「念願の自社蒸留所。100%曽爾村のクラフトウイスキーの完成が楽しみ」と期待する。

この記事の残り文字数:598文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド