特集奈良ラーメン探検隊活動中!

政治

奈良市クリーンセンター概要案 内藤氏「電力無償供給の実現は困難」

関連ワード:

 奈良県奈良市が「七条地区」での建設を前提に作成、公表した新ごみ処理施設「クリーンセンター」の「施設整備基本計画(案)概要版」を巡って、実現性にまた一つ疑問符がついた。13日の市議会予算決算委員会市民環境分科会(山本直子委員長)で、内藤智司氏(新世の会)がクリーンセンターから半径500メートル以内にある住宅約400世帯に対し、ごみ焼却で得られた電力を無償供給するとした市の案に対し、「(電力供給の)スキームさえ決まっておらず、市の負担額も期限付きかも分からない。その段階で地元に(電気料金を無償とする案を)示すのはいかがか」と意見。電力会社出身の内藤氏は「電力自由化の中で理論的、法律的にはいけるだろうが、現実的ではない」との見解を示した。

この記事の残り文字数:958文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド