特集奈良ラーメン探検隊活動中!

教育

大谷選手が寄贈のグローブに児童ら大歓声 「うれしい」「大切に使う」「左利き用あって良かった」 - 奈良県の平群南小学校、始業式でサプライズ披露

関連ワード:

大谷選手贈呈のグローブを手にする児童代表の3人=9日、奈良県平群町椿井の町立平群南小学校

別の写真を見る

 米大リーグの大谷翔平選手が寄贈したグローブがこれまでに、奈良県内の多くの市町村教育委員会に届いた。県内の公立小学校で9日、3学期の始業式が行われ、平群町椿井の町立平群南小学校(児童数134人)では、児童に大谷選手のグローブがサプライズで披露された。 

 

 大谷選手は昨年11月、自身のSNS(交流サイト)で、国内すべての小学校に3個ずつ計約6万個のグローブを寄贈すると発表。県内の多くの市町村教育委員会事務局などにも昨年12月下旬にグローブが届いた。

 

 この日、平群南小学校では、始業式の中でグローブの「お披露目会」が開かれた。スクリーンに大谷選手の顔写真が映し出され、前田雅起校長が、全校児童にグローブを披露すると、児童は「すげえ」「うわー」などと歓声が上がり、拍手して喜んでいた。前田校長は「このグローブが私たちの次の世代に夢を与え、勇気づけるためのシンボルになることを望んでいます」という大谷選手のメッセージを読み上げた。

 

 グローブは、右利き用2個と左利き用1個。地元の少年野球チームに所属する6年生の児童3人がさっそく真新しいグローブをはめて、感触を確かめながらキャッチボールを楽しんだ。最後に、児童全員で大谷選手に届くようにと大きな声で「ありがとう」と感謝の言葉を述べた。

 

 キャッチボールをした山口瑠心(るき)さん(12)は「とてもうれしい」、村井友紀さん(12)は「大切に使う」、冨永快莉さん(12)は「左利き用のグラブがあって良かった」と話していた。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド