政治

【解説】亀田氏、無党派層に浸透 維新旋風は起こらず

関連ワード:

現市政の継続選択

 

 【解説】奈良県内第2の都市、橿原市の将来を占う市長選挙は激しい選挙戦を繰り広げ、現職が返り咲きを狙った前市長を寄せ付けなかった。前回無所属だった森下氏は維新公認で今回出馬し、事実上の「自民対維新」の政党対決の構図に。維新旋風が巻き起こるかにも注目されたが、市民は現市政の継続を選択した。

この記事の残り文字数:544文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド