スポーツ

大相撲 徳勝龍が引退へ 奈良県出身力士として98年ぶり優勝

関連ワード:

優勝の祝賀パレードで沿道の声援に笑顔で応える徳勝龍=2020年2月23日、奈良市内

 奈良県出身の大相撲元幕内で、東幕下37枚目の徳勝龍(37)=本名青木誠、木瀬部屋=が現役引退の意向を固めたことが11日、日本相撲協会関係者の話で分かった。2020年初場所で県出身力士として98年ぶりの優勝。西前頭17枚目の幕尻から優勝は史上2人目の快挙だった。年寄り「千田川」を襲名する見通しという。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド