政治

「減税で物価高対策を」 猪奥美里候補(42)=立民新= - 参院選2022

関連ワード:

「声を上げれば政治は変わる。参院選をしっかり戦い抜き、日本をこの奈良から変えていく」と訴える猪奥候補=22日、奈良市の近鉄奈良駅前

 猪奥陣営は午前9時半から、奈良市の近鉄奈良駅前で出発式。党員、支持者ら約150人(陣営発表)が駆け付けた。

 

 党国対委員長の馬淵澄夫党県連代表が「岸田政権は冒険せず、目玉法案も出さず、選挙に向けとにかく安全運転。それでは国民生活は守れない。目の前の物価高に徹底し対応しないといけない。物価高に無為無策の政治をただそう」と訴え。

 

 推薦する連合奈良の西田一美会長も「参院選は物価高と賃金引き上げ、コロナ対策と経済対策の両立、平和と安全と外交―の三つを懸けた戦い。国民の命をどう守るかだ」と気勢を上げた。

 

 猪奥候補は「今の物価高に声を上げるのが参院選。値上げが続くこの夏に国政選挙があるのはチャンスで、声を上げ変えることができる。まずは消費税減税、子育てと教育重視の声をしっかり届ける」と第一声。続いて県内5会場を回った。

「参院選2022」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ