歴史文化

遺物で調査成果報告 - 桜井市立埋文センター速報展

関連ワード:

桜井市東新堂で出土した縄文時代の片口鉢=同市芝の市立埋蔵文化財センター

別の写真を見る

 桜井市芝の市立埋蔵文化財センターで、速報展「50センチ下の桜井28」が開かれている。2021年度の市内の発掘調査成果9件を紹介。新たな寄贈品も含めて出土遺物約120点を展示している。10月2日まで。

 

 同市東新堂で実施された古代の幹線道路・横大路の調査では、道路に関連する遺構は見つからなかったが、流路跡から深鉢や片口鉢などの縄文土器が出土した。土器は割れ口の摩滅が少なく流路内での移動が少ないとみられ、近くに集落が存在したとみられる。

この記事の残り文字数:486文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「考古学」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ