歴史文化

高松塚壁画館の解説書リニューアル、解体、修理の最新情報盛る

関連ワード:

リニューアルした高松塚壁画館の解説書(下)と歴代解説書

 高松塚古墳壁画の壁画模写を公開している、奈良県明日香村平田の高松塚壁画館は、約12年ぶりに解説書をリニューアルした。3月に壁画発見50周年を迎えたのを機に、開館以来4回目となる解説書の改訂。2007年の石室の解体以降、20年の壁画の修理完了までの最新の情報も盛り込み、高松塚古墳と壁画についても解説している。

 

 新たな解説書はA4判フルカラー、32ページ。同館を運営する公益財団法人古都飛鳥保存財団と、明日香村教育委員会文化財課の監修のもと、相原嘉之奈良大学准教授が執筆・編集した。

この記事の残り文字数:571文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「遺跡・史跡」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ