社会

「IoTトング」でポイ捨てごみ清掃 奈良先端大とJT奈良支店

関連ワード:

センサ装着型トングを使ってごみを拾う参加者=19日、生駒市の近鉄生駒駅周辺

 奈良先端科学技術大学院大学(生駒市)と日本たばこ産業(JT)奈良支店(奈良市)は19日、生駒市の近鉄生駒駅周辺で、「センサ装着型トング」を使った清掃イベント「IoTトングでひろえば街が好きになる運動with Rethink PROJECT」(同大主催)を実施した。

 

 路上のポイ捨てごみを拾うのに用いるセンサ装着型トング(長さ60センチ)は、同大先端科学技術研究科の研究室が開発。トングに取り付けられた小型カメラが、ごみの種別・位置情報収集システムを搭載したスマートフォンとつながり、ウェブ上の地図で、どこでどんなごみを拾ったかが可視化される。

この記事の残り文字数:164文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ