政治

一般会計192億円、過去最大 宇陀市予算案

関連ワード:

 宇陀市は2日までに、令和4年度一般会計当初予算案を発表した。総額は192億円で、前年度比で5・7%(10億4000万円)増。新型コロナ対策費(3億9287万円)を除いた額としては過去最大となった。財政調整基金からの繰り入れを抑制するなど財政規律に配慮しつつ、重点施策を優先する積極型予算とした。きょう3日開会の市議会3月定例会に提案する。

 

 主な新規事業は、近鉄榛原駅前の交流施設整備・運営事業計5418万円、大和信用金庫旧榛原支店を活用したサテライトオフィス整備事業1億6903万円、5月から大宇陀地域北部で運行開始を目指す移動診療車運営事業2700万円。

 

この記事の残り文字数:365文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「宇陀市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ