国原譜

 ラテン語で「花の冠」を意味するロマンチックな名前とは知らなかった。トヨタ自動車の看板車種「カローラ」。トヨタカローラ奈良で生誕50周年のプロジェクトがあった。

 わが家初の自家用車がカローラ。普段はさえない父親と思っていたが、ハンドルを握る姿はカッコ良く、同級生に自慢したいほどだった。ドライブした楽しい思い出もある。

 自動車は文化である。その本場・英国では、趣味性の高い車に熱中する人(エンスージアスト)は、自分で車を組み立てたりできるそうだ。

 日本でもクラシックカーの博物館が各地にある。一つ一つの車には、設計者、工場関係者、使用者の思いやドラマが込められているように感じてしまう。

 ところが、最近は自動車にまったく関心のない若者が多いという。「お金がかかる」「もっと他に面白いものがある」。理由は様々だろうが、車好きからすると少し寂しい。

 各メーカーとも自動運転車の開発に力を注いでいる。しかし、いわゆる白物家電のように、無味乾燥な製品になってほしくないのは中高年男の感傷か。(栄)

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド