特集奈良の鹿ニュース

政治

奈良市総合福祉センター閉鎖を「白紙撤回」 仲川市長“失策”続く

関連ワード:

奈良市総合福祉センター廃止撤回の横断幕を用意し、仲川元庸市長に約8000人の署名を手渡す市障連の安井清悟会長ら=2月29日、同市役所

市障連「機能充実を」

 

 奈良市が市内の障害者6団体でつくる「市心身障害者・児福祉協会連合会」(市障連)に対し、障害者福祉の拠点施設「市総合福祉センター」(同市左京5丁目)の本館を2025年3月末で閉鎖する方針を伝えたとされる問題で、仲川元庸市長は29日、方針の白紙撤回を市障連の安井清悟会長(63)らに伝えた。同センターは、災害時の福祉避難所としての機能も有し、市障連側は「廃止ではなく、広く市民に利用してもらうためにも機能の充実を」と改めて市に求めた。

この記事の残り文字数:600文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド