募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

社会

3月3日に三条通で「古都奈良きものウォーク」

関連ワード:

桂昌院をイメージした和装で「きものウォーク」をPRする喜多さん(左から3人目)ら=20日、県庁

和の文化で市内歩こう

 

 着物姿で市内を練り歩く「古都奈良きものウォーク」が3月3日に奈良市の三条通で開かれる。主催の「奈良市民の倖(しあわ)せを願う会」(喜多浩子代表)は男女問わず参加者を募集している。参加無料。

 

 3月3日は業界団体が制定した「きもので祝う女性の日」で、市民や観光客が気軽に参加できる形で和の文化を伝えようと、初めて企画した。

 

 JR奈良駅を午後1時に出発し、三条通から猿沢池まで約1時間かけて練り歩く。猿沢池では畑中廣之さん=桜井市=が行基や東大寺の良弁(ろうべん)杉を題材にした紙芝居を上演する。

 

 色とりどりの着物や天平衣裳で着飾った約100人が参加予定。喜多代表は江戸時代に東大寺大仏殿再建に尽力した桂昌院(けいしょういん)をイメージした和装で参加するといい、「和の文化と奈良の素晴らしさを広められたら。気軽に参加を」と呼びかけている。

 

 参加希望者は午後0時半ごろ、和装か和テイストの洋装でJR奈良駅前広場に集合。小雨決行。問い合わせは同会、電話090(8988)0469。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド