特集奈良の鹿ニュース

政治

奈良市クリーンセンター概要案「ストーカ式」で2炉 煙突は建物内に収納

関連ワード:

施設整備イメージ図(奈良市提供)

別の写真を見る

 奈良市は26日、2032年度の稼働を目指し、「七条地区」に建設予定の新ごみ焼却施設「クリーンセンター」の「施設整備基本計画(案)」の概要を明らかにした。クリーンセンターは「地域エネルギーセンター」の位置付け。可燃ごみと破砕可燃ごみの処理を行い、1日当たりの処理能力は290トン。処理方式は、採用事例が多く、「ガス化溶融方式」に比べ安価で、CO2排出量が少なく売電可能量が多い「ストーカ式焼却方式」を採用し2炉とする。周辺と調和、煙突はセンターと同じ50メートルとし、建物内に収納したデザインとする。施設建設の総事業費は約450億円。

この記事の残り文字数:1,121文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド