特集2024年春の高校野球奈良大会速報

政治

自民県連会長代行の辞任を 裏金問題の堀井議員に厳しい声

関連ワード:

佐藤議員にも批判多く

 

 自民党の政治資金パーティー裏金問題を巡り、当事者である奈良県選出参院議員の堀井巌、佐藤啓両氏の対応の鈍さに、党県連の幹部や党員の間から批判の声が高まっている。とくに会長代行を務める堀井氏に対して「なぜ会議を招集して経緯を説明しないのか」「県連トップとしてどう責任をとるのか」と厳しい意見が相次いでおり、会長代行の辞任を求める声が大きい。

この記事の残り文字数:1,191文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド