注目記事奈良県内の自治体異動名簿掲載

スポーツ

〇の合図でパス×ならシュート デフバスケット体験会 - バンビシャス奈良

関連ワード:

×(ばつ)の合図でシュートする児童=17日、ロートアリーナ奈良

別の写真を見る

児童ら日本代表選手とプレー

 

 ロートアリーナ奈良で行った17日のホーム戦では、奈良地方法務局人権擁護課が協賛して「デフバスケットボール体験会」が開かれた。 

 

 体験会には同競技日本代表女子の和田七海、豊里凜、三谷鈴奈と同男子の徳永拓也が参加し、小学生とプレーを楽しんだ。

 

 デフバスケットボールとは聴覚障害者を対象にした競技。基本的なルールは変わらないが、音による認識が困難なため、コートの対角にフラッグマンを設置し、試合の状況を視覚的に判断できるように配慮されている。ただし、パスを求めるなど選手間の声を出してのコミュニケーションはファウルを取られるのが大きな特徴だ。

 

 参加した児童は「〇(まる)の合図が出たら相手にパス、×(ばつ)で自らシュート」する練習をした後、日本代表選手らと実際に試合を体験した。

 

 2025年に東京で開かれるデフリンピック(ろう者のためのオリンピック)で金メダル獲得を目指している日本代表選手。しかし、合宿参加などで自己負担を強いられている現状がある。選手らはその状況に理解を求め募金活動を行った。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド