特集奈良ラーメン探検隊活動中!

社会

障害への理解深めて 「いこふくフェス」電動車いす試乗や手話学習など

関連ワード:

電動車いすに試乗する参加者=生駒市谷田町の近鉄百貨店生駒店

別の写真を見る

 障害者への理解を深めてもらおうと、奈良県生駒市はこのほど、同市谷田町の近鉄百貨店生駒店のイベント会場で「いこふくフェスティバル」を開催した。

 

 同市と近鉄グループホールディングスが昨年9月に結んだ包括連携協定に基づき、初めて開催。

 

 「ふくしを学ぼう・体験しよう」のコーナーでは、障害のある人が困っているときに手助けできるように知識を得る、市の「あいサポーター養成講座」をPR。これまでに累計約1600人が受講したという。また「ありがとう」などのあいさつの手話表現を学んだり、電動車いすの試乗、パラリンピックの正式種目「ボッチャ」の体験もあった。

 

 同市障がい福祉課の平田勝久課長は「街中で困っている障害者を見かけても、何をしていいか分からないという人が多いが、ちょっとしたことで助けになるということを知ってほしい」と話す。

 

 市内の障害者福祉事業所による授産品の販売や、障害者週間ポスター受賞作品の展示なども行われた。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド