特集奈良の鹿ニュース

政治

奈良県が県道を集中リフレッシュ 舗装の耐久性向上へ 

関連ワード:

2024年度から5年かけ

 

 奈良県は5日、車道の舗装の劣化や白線が薄くなった県管理道路を集中的に修繕する「ならの道・リフレッシュ・プロジェクト」を来年度から5年間かけて取り組むと発表した。予算額は5年間で83億円。プロジェクト実施に合わせ、一般車両のドライブレコーダーの画像やSNS(交流サイト)による通報システムを活用し、修繕が必要な箇所を把握するDX(デジタル・トランスフォーメーション)化も進める。山下真知事は「快適な道路空間を道路利用者に提供していければ」と話した。

この記事の残り文字数:735文字
(写真枚数:1枚)

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド