特集奈良の鹿ニュース

政治

公民館の機能移転巡り奈良市長、説明会で「廃止」明言 「守る会」市議会に音声公開

関連ワード:

市の手法、浮き彫りに

 

 奈良市が飛鳥地区で進めようとした公民館機能の地域ふれあい会館への移転問題で、住民でつくる「市公民館を守る会/飛鳥」(豊田泰介会長)は30日、仲川元庸市長が7月20日に飛鳥公民館で行った「説明会」での音声の一部を市議会に公開した。同問題について、仲川市長は9月、「市民らに『公民館がなくなる』とセンセーショナルに伝わった。誤解を解く」として撤回を表明したが、議会は今も地元自治協議会からの請願の審議を継続中。さらに最近、市では福祉施設の統廃合計画が持ち上がり、公共施設の再編問題が注目を集める中、市の手法の一端が見えてきた。

この記事の残り文字数:991文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド