特集奈良の鹿ニュース

社会

平群メガソーラー訴訟 口頭弁論で住民側「建設事業の停止を」 奈良県「違法性ない」と争う姿勢

関連ワード:

弁論後、市民らへの報告会を行う原告団=30日、奈良市内

 奈良県平群町に民間事業者が計画する大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の建設で、計画に反対する町民らが林地開発に関わる変更申請を許可した県に対し、許可の取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が30日、奈良地裁(寺本佳子裁判長)で開かれた。

この記事の残り文字数:463文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド