特集奈良の鹿ニュース

教育

パラ競泳日本代表・看護師・バイオリニストの伊藤さんが奈良学園中学で講演 - 「格好いい大人になって」

関連ワード:

右手に専用義手を付けてバイオリン演奏する伊藤真波さん=28日、大和郡山市山田町の奈良学園中学・高校

 奈良県大和郡山市山田町の奈良学園中学・高校(河合保秀校長)で28日、本年度の人権講演会があり、全中学生約450人が参加した。2008年北京・12年ロンドンのパラリンピック競泳日本代表で日本初片腕義手の看護師兼義手バイオリニスト、伊藤真波さん(39)=兵庫県伊丹市=が「あきらめない心」と題して講演。交通事故で右腕を失ったものの、両親の存在や仲間らに支えられて前向きに生きてこられたことなどを話し、「格好いい大人になって」とメッセージを送った。

この記事の残り文字数:396文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド